Thursday, October 15, 2009

今年も残り2ヶ月半・・・

過去のブログでも書いたけれど、申請した最初の2科目 FAR(Financial Accounting and Reporting) とAUD(Auditing and Attestation) の受験料(合計$440)を7月28日に支払い、一番近くのテストセンターにオンラインで受験日を予約した。

ついに初受験日が決定!!

FAR -11月25(水曜日)午後12時~午後4時半

平日なので有給休暇を取らねばならない。月末まで余裕があるので、たぶん即オッケーをもらえると思う。

私の家から一番近いテストセンターは、一応毎月土曜日も受験可能なのだが、やはり土曜日は早め早めに予約をしないと、すぐに一杯になってしまうようだ。

10月6日はオンラインで、BEC(Business Environment and Concepts)とREG(Regulation)の受験料(合計$375)を支払う。ちなみに9月は、この2科目の受験申請代($50)も支払った。

先週からネットで調べ、アマゾンにてテスト教材の買い足し。
  • BECの教材本(BISKのテキスト)($31)
  • Wiley Focus Notes (BEC用) ($26)
  • Wiley CPA Exam Review Software version 14 (4科目セット)($130)
  • AUDの教材本(BISKのテキスト)($31)

あとはREGの教材一式を買わねばならない。色々調べているけれど、DVDの講義や専用ソフトがいるSimulationがついた教材セットなどは、1科目だけで$500から$700位する。思い切って、DVD講義なしで安い教材で勉強というと、BECはともかく内容的にREGでそれは少し不安だなあ。

でもREGの受験はまだ先のことだし、それまでに他の科目が不合格なら、REGに進まずに不合格の科目を再受験する予定なので、とりあえず新年が明けるまでは、買わないでおこうと思っている。

アメリカの資格試験は、受験料にもやたらとお金がかかる試験が多いけど、CPAもその一つなんだ。

試験に合格したら、試験に使った合計金額を計算して出すつもり。知りたいけど、すでに恐ろしい・・・。

Friday, October 09, 2009

疲れてる?!

今日は一時間ほどサービス残業。帰宅は六時半頃(通勤時間十五分は助かる)。

急いで夕飯を作り、昨日はサボったジムへ行くつもりで、食べ過ぎなくらい食べたら急に疲れと眠気が襲ってきた。

八時半まで昼寝するつもりで、ソファで横になったら・・・。

動悸と深呼吸しならがら目が覚めた。とても嫌~な夢をみていたのだ。

姉をはじめ家族全員から、私の生き方を否定され人生の選択を間違っていると責められている夢。

家族会議みたいに皆で集まっているところで、一人必死で自己弁護しているところで目が覚めた。

眉間にしわを寄せながら、現実ではなく夢だった事実にほっとし呼吸を整えた。

「昼寝して余計疲れるなら、夕食後すぐにジムへ行けばよかった」と時計を見ると、時間は予定の八時半をとっくに過ぎて、既に午後十時前。ジムは十時で閉館だ。ざんね~ん!

今日はまだ勉強してないのに・・・。何章分か問題を解かないといけない予定なのに・・・。


土日をいい休日にするために、腹をくくって今日はもう寝る!

Swine (H1N1) Flu: 新型インフルエンザ

夫の職場の同僚が、ついに新型インフルエンザ(1HN1)に感染。

その女性は3人の子供がよく風邪を引いたり、子供から他の同居家族(自分の両親と叔父)に病気が感染したりで、毎年有給休暇と病気休暇を子供の看病で使い果たしてしまうほど、誰かが病気で休むことが多いらしいが、今回は本人が新型に感染してしまい1週間位お休みしていたようだ。

今週は何日かうちの夫が少し体調不良を訴えていたので、私も特に警戒している。

夫には「ビタミンCたくさん飲んで、睡眠たくさん取らないと!私もビタミン飲んでおかな~。」とだけ言って、いそいそと栄養たっぷりの食事を作って労わってあげることもなく、自分のことを真っ先に考える相変わらず冷たい私。最近は、二人とも一番大事な睡眠が十分に取れていないな・・・。


ところで、新型インフルエンザだけでなく、普段から風邪や感染病予防には、空気感染予防のマスクよりも、やはり石鹸で手洗いをするなどして、常に手を清潔にしておくのが一番の予防だそう(Know the Facts by Johnson&Johnson)。

アメリカでは以前からよく見かけていたけれど、新型インフルエンザ発生以来はとくに、どこのスーパーや薬局でもハンド・サニタイザー(殺菌用ハンドジェル)がよく売れてる。日本では病院内でしか見かけたことがないけれど、これは99%の殺菌作用でめっちゃおすすめ。特に携帯用は、外出先でも食事前に消毒したり、洗面台や石鹸がない場所でも消毒できるので便利。

日本でマスク不足が言われている時、アメリカではこういった殺菌ジェルが売り切れ・品切れ状態になっていた。最近は、一時特需も収まり、店側も多めに在庫を置いているみたいだし、レジの近くなど目に入りやすい場所にあるし、どこでも手に入るようになった。

ちなみに、アメリカではどんなに風邪や肺炎やインフルエンザが流行っていても、病床から復帰したばかりの人を含めても、今までマスクをしている人はいまだかつて見たことがない。マスクはかかっていない人が予防のためというよりは、風邪を引いている人が菌を広めないようにするという役割の方が大きい。なので、風邪気味の人がマスクをしたり、病み上がりの人が直りかけの菌を広めないためには、マスクは有効であるといえるのだが、アメリカにはマスクをするという発想自体、清掃時に埃を防ぐ以外には皆無の模様。

こちらは有名なPURELL(ジョンソン&ジョンソン)



関連記事:U.S. says too many swine flu cases to count-Governments worldwide stop tracking illnesses and deaths from H1N1 virus