Friday, April 25, 2008

気遣い

日曜日に買ったRさんへの出産前祝のギフトを、直接手渡ししようと彼女のオフィスに行きましたが、席をはずしていたのでイスの上に置いてきました。そして10分ほどして、所要でまた彼女のオフィスを通りかかったので、今度はオフィスにいた彼女に声をかけました。

すぐにギフトのお礼を言ってくれて、私の名前が書いた封筒をくれました。

自室に戻り封筒を開けると、お礼状カードが同封してあり、手書きで内容はちゃんと私のギフトを開けて一つ一つ見たとわかるように書いてあり、しかも私がギフトに同封したカードの返事も含んでいました。

たった10分くらいの間に、決まり文句ではなく個人的な文章で、ささっとお礼状を書いてしまう彼女の気配りの良さに、今更ながら感心してしまいました。

私が入社した当時からすぐに私は、Rさんが営業事務の中で一番仕事ができるし頭がいい、何よりも、いろんな場で日本人女性みたいな気配りができると一目置いていました。だから営業に転属になった時も、事務だけではもったいない人材だから当然だと思いました。

結局そういう女性は、仕事だけでなくこういう個人的な場面でも、ピシッと礼節ができるのでしょうね。

「さすがだなあ」と感心したと同時に、すべてにおいて面倒くさがり屋の私は見習わなければいけないですね。

Wednesday, April 23, 2008

継続は力なり

アメリカに来てから2キロ増えちゃって、ダイエットを決意したのが
10月29日。相変わらず外ではなく、ジムでのトレッドミル、しかも毎回たった3キロだけど、それでも病気の時を除いて平均週4日は走っていると、さすがに効果はあるようで、増加分の2キロはやっと完全に落ちたようです。

走ると特に上半身と、全体の脂肪が落ちるといわれるように、一番にウエスト周辺が引き締まり、たるんでいたお尻も修正され、ごっつくなっていた二の腕もストンとなってきました。なかなか落ちなかったベーグルのような下腹が、一番しぶとかったですが、食べ過ぎた時以外はやっとそれもなくなりました。

一時的なダイエットではなく、ジョギングをライフスタイルに加えることが目標なので、これからもずっと継続していくるもりです。

始める前は体力の衰えも感じていたけれど、今は反対に体力に自信がでてきました。食事制限しようにも、ちゃんと走っていると体がたんぱく質を欲するし、食べる物にもカロリーだけではなくて栄養面も気を使うようになり、毎日の水分とミネラル補給も気にするようになりました。

特に、運動している女性だとカルシウムを補充していかねばならないというのも、身をもって知りました。それまではカルシウムとか気にしなかったので、走り始めてから気づくと爪が薄くなっていて、あわててサプリメントを飲み始め、今は正常の爪に戻りましたが、びっくりしました。

運動すると何といってもお腹がすくので、その分よりおいしく感じるし、量も沢山食べれるっていうのが最高かも(^ ^)

Death Sentence

久々の映画レビュー。
夫がNet Flixを1回につき1本だけど定期購読してるし、ちょこちょこ映画は見ているんだけど、映画の内容とともにレビューを書くのも忘れてしまっています(--;)

日曜日に見た映画「デス・センテンス(原題)」
日本公開は未定のようです。

ケビン・ベーコン主演で、監督は「SAW(ソウ)」を撮った人。ちなみにSAWは、最後がどんでん返しの心理サスペンスで面白かったし、サスペンス好きにはかなりお勧め。

話は戻りまして、この映画の原作は小説なので、話は一応しっかりしていて結末が気になるし、最後までちゃんと観れました。

暴力ありのサスペンスなので、そういうのが苦手な人はだめかも。

評価:★★★☆☆

とりあえず、ムービー・トレーラー(宣伝用ビデオ)貼っておきます。

Tuesday, April 22, 2008

ゴッド・マザー

今週末の26日は、このブログにも良く登場するAさんの所へ行く予定。今月15日がお嬢さんの1歳の誕生日なのと、土曜日午前中に教会でそのお嬢さんの洗礼式が行われ、午後は自宅にて誕生日パーティー兼レセプションが開かれる予定で、私は両方に招待されているからです。

光栄にもAさんにお嬢さんのゴッド・マザーの一人として指名していただき、Aさんのお嬢さんは私にとって初めてのGod daughterになります。

法的効力は無いとはいえ、God parentになるということは、宗教的伝統ではいわゆる「その子供の後見人」に当たるわけです。

したがって初めてこの話を聞いた時、夫はその責任の重さに、「君が知らないなら、引き受ける前にgod motherの意味を良く知っておいてからにした方がいい」と渋い顔をしていました。しかし、実際はAさんの教会では「メインのゴッド・ペアレント(1組)は宗派が同じカトリックでなければならない」ということで、NYの妹さんが「本当のGod mother」になるこということ。それに、この妹さんと私の他に合計で12人ものgod mothersが,そして、もちろん揃えてgod fathersも12人、結果として「god parentsが12組もいる」と知り、夫としては内心ホッとしたみたいです。それに、私は招待状に書かれているリストの中で最下位なので、もしもの時に回ってくる順序も最下位ですし。

とにかく、合計で24人ものゴッド・ペアレンツの内とはいえ、Aさんにそこまで信頼してもらっているということと、「これであなたも私の家族ね!」って言ってくれたように、Aさんの沢山の親戚と同じくお嬢さんのゴッド・マザーに選ばれたことは、光栄であると同時に親戚が増えたみたいで素直に嬉しいです。

特に、夫の親戚も少ないし、これまた少ない私の親族は日本という環境で、Aさんのような存在はとても有り難く心強いのです。

ということで、土曜日に向けて先週末は、プレゼントの買い物に行きました。偶然同僚のRさんも、Aさんと同じ土曜日にベビーシャワーをする予定で、招待状を頂きました。私は今回べビーシャワーには行けないけれど、Rさんには出産前祝いを贈りたいので、その買い物も一緒にしました。

Rさんは6月に女の子が生まれる予定で、すでに赤ちゃんのかわいい名前も招待状に書いてありました。Rさんは私が派遣としてこの会社に入った時期に、営業事務から営業に転属した営業ウーマン。超美人なのに本人は3枚目キャラで、気さくで誰にでも優しいので、私はひそかにファンなのです。

アメリカでは結婚やベビーシャワーなどの贈り物をもらう場合、お店にレジストリーといって、本人が好きな商品をあらかじめ選び登録しておきます。今回のRさんの招待状にも、「○○と★★でレジストリーをしています」と記載されていたので、ネットで予め彼女のリストを印刷し、お店に持って行ってその中から選びました。

レジストリーする側は、一般常識として、送り主のことを考え、値段がそれこそ$2-3の安い物から、高価な物まで選びやすいように沢山リストしておくのが普通のようです。

「贈り物をどうせ頂くなら、自分が好きな物でお願いします」って感じですが、ロマンチックでないけれど合理的で無駄を省く、実にアメリカ人らしい制度ですが、私は好きですね。第一、贈りたい側が選択に頭を悩ますことなく、非常に楽ちんですからね。それに、別に贈り物のアイデアがある場合、レジストリー以外からでも、違うお店でも、好きな物を贈っても全く問題ないですしね。

今回はAさんへのプレゼントですが、お店で買った物の他に、色々と考えた末「カスタマイズ切手」を注文してみました。洗礼式の招待状に添付されていたAさんのお嬢さんの写真をスキャンして、ウェブサイトからその写真の切手を作ってもらうように注文しました。この切手は郵便局とて提携していて、ちゃんと実際に使用できる本物です。喜んでもらえるといいな。

Tuesday, April 15, 2008

仕事人ー昇給編

昨日、人事から全員に年次昇給のお知らせがありました。

とはいっても、単にインフレーション(物価上昇)に合わせた、なんとも微妙な昇給率(ありがたいのだけれどね)。昇進以外でインフレに合わせてだろうが少しでも上げてくれるだけ、そういうこともない州職員や会社に比べればいい待遇だし、贅沢言うなって話なのだけれど・・・。

しかし、アメリカは確実に毎年インフレによる物価の上昇がおこることを考慮すると、相対的には全然給料アップしていないことになってしまいます。やはり、自分の年収を日本の年齢と平均年収の増加率のように伸ばしていこうと思うと、転職で積極的というかアグレッシブに、キャリアアップを試みていかなければ不可能にも思えてくるのです。実際、ここで働いてみて人の出入りの激しさにすごく驚きました(今でもこれは慣れない)。キャリアアップや給料を含めて、より良い労働条件のためならと、皆割り切ってどんどん転職していきます。

ということで、昨夜は先行きの不安でちょっと落ち込みながら、ネットで求人広告をさらっとチャック。経理としての自分の現時点と、将来性にも興味がありました。

経理としては、大概のjob description(業務内容)や必須用件にあげられていることが、ほとんどそのまま今の私の履歴書に書ける位、私は今の時点で平均的な仕事内容をこなしているんだな、といった印象がもてました。それに、前職で活躍したデータベースの知識や、今の新しいERPシステムのことも履歴書に書けるとなると、このまま順調にあと一年をこのポジションでこなし、「最低3年の経験」というハードルを乗り越えることが出来たら、経理の次のステップに応募できそうな気がしてきました。それからもちろん、転職までに今めざす資格試験に合格してると、尚更転職しやすいだろうといった感じがもてました。

そういうわけで、昨夜は夫に「資格合格のために勉強をがんばる宣言」と、「今の職場で今年あと一年間頑張って、状況によって昇進のために転職に挑戦したい」とぼやいてから就寝しました。

そして、今日。

ファイナンスのトップに、業務上の質問があり彼のオフィスに行ったところ・・・


なんと


今回、私は恒例の全員に与えられる昇給よりも、特別にもう少し多くアップして頂けるという知らせを受けました。彼が我が社の社長に、そして次にその上のグループ会社のチェアマン(会長?)に掛け合い、交渉してくれたらしく、私のポジションの市場平均と比較しても「今回の特別昇給は妥当」と認めて頂いたらしいのです。

別に昇進したわけでもないので、金額はそんなに大幅アップというわけではないけれど、上司や重役が自分の頑張りを認めてくれたことが何よりも嬉しい!!全然期待していなかっただけに、よけいに驚きと嬉しさが(*^ ^*)。

前職の総務から経理へと、確かに転属しポジションは明らかに変わったわけですが、その際に何らかの書類や契約書にもサインもしなかったし、昇進というわけではないので、給料もそのままで当たり前と思っていました。アメリカは昇進以外に基本給の特別昇給は無いと思っていただけに、とても予想外で喜びも2倍です。少しでも目に見えて地道な頑張りが評価され、それを還元していただけることになったということが素直に嬉しいです。単純なので、昨日は少しやる気をなくしかけていたけれど、この知らせで少なくともこの一年間はまた頑張れそうです。


でも・・・


そうはいっても状況によっては、自分の仕事をキャリアとして考えると、今後は転職も積極的に考えていかないといけないなぁと、昨日労働市場を見てて改めて思いました。私は元々バリキャリを目指してはいないし、今もそのつもりではないけれど、ここで子育てとか家を買うとなると、お金が掛かってしょうがないっていうのが、キャリアを持っていたい一番の理由かな?!もちろん、退職後や老後が心配なのもあるのだけれど。

というのも、こちらの共働き夫婦の子育て事情は、いつかブログに書くつもりだけれど、専業主婦になって大黒柱一本で慎ましく暮らす覚悟があるか、親や親戚の手助けがある環境か、専業主婦でも優雅な生活ができる位の経済力のある夫がいるケース以外には、お金を使ってうまく対処していかなければいけない問題が多いみたいです。単に夫婦の自覚の問題かもしれないけれど、経験者に話を聞けば聞くほど私はその覚悟が遠のいていきます・・・。

Saturday, April 12, 2008

Mexican Grill

本日、土曜日

昨夜は10時半に就寝したので10時間以上も睡眠を取ることが出来ました。

しかし寝すぎで目が腫れ気味・・・。

気分は爽快だったので、夫にランチをご馳走してもらいました。

うちの夫は絶対前世はメキシコ人、って思うほどメキシカン料理が大好き。アリゾナはメキシコと国境を共有していることもあり、メキシコ人経営の本格レストランから、フランチャイズのファストフードまで、たくさんのメキシカングリルがあります。といっても、夫に言わせるとこれらはメキシコで食べる本物のメキシコ料理とは少し異なり、アメリカ人好みのTexmexと呼ばれるサウスウエスト料理なのだそう。

アリゾナやカリフォルニアにお越しの際は、ぜひメキシカン料理を食べてみて~★

メキシコ料理が盛んでない州(CA、AZ、TX以外で特に北の方)では、Taco Bellが「おいしいメキシカン・ファーストフード」って思っている人が多くて、何度か驚いたことがあります。アリゾナ人には、あれはファーストフードのマクドナルド同様、値段やテンポの多さで手軽さが一番なだけで、味は・・・。

そこで、お薦めのメキシカン・ファーストフードをリストしたいと思います。

今日行った私のお気に入りのBlue Burrito Grill。アリゾナ、ラスベガス、ソルトレーク・シティの空港内に店舗があるので、機会があればぜひどうぞ。

上記のよりも店舗が多い、Chipotle。親会社はマクドナルド。でも、イメージと違いタコベルなどより、本格に近いものが手軽に食べれます。

こちらは夫の一押しRubio's。夫に言わせるとこのリストの中で一番サルサ・ソースが美味しいのだそう。昔よく言っていた映画館の隣にあったので、よくここで食べてから映画を見ました。

最後はQdoba。2003年に個人経営からハンバーガー・ファーストフードの大手ジャック・イン・ザ・ボックスに買収され、Chipotle同様全国展開のお店。私はまだ行ったことがないのですが、食べたことのある夫によると、Chipotleよりおいしかったらしいです。

Thursday, April 10, 2008

税金

先日のブログにて、ボーナスの話をしましたが、手渡しで頂いた小切手と明細をみて案の定、びっくり。

税金等で約50%も額面から引かれてました・・・・(T_T)。ボーナスは特別な税率が適用されるとは覚悟はあったけれど、半分でっせ~、半分!

給料支払い毎に引かれる401Kの分も一緒に引かれているとはいえ、それでも額面と手取りの差に愕然。


しかも、うちは確定申告の結果・・・



数万円分の追徴課税

(T_T)ガ-ン

昨年の額よりはマシですが、それでも(今年はちょっとは返ってくるかも?!)なんて薄っすら期待をしていただけに、がっかりの上に懐も痛い!

子供も家も持っていない共働き夫婦となると、実際何にも控除や調整をする事項がない、つまり税制度において一番不利な立場っていうのが大きな原因でしょうか。しかし、こればっかりは自分で選択しているライフスタイルなので、しょうがないんですけどね・・・。

Monday, April 07, 2008

睡眠

土曜日は、早朝から私の愛車のメンテナンスにディーラーまで行ってきました。

というのも、一部の2006-2007Honda CivicにSafety Recall: ABS Rear Wheel Sensor O-Ring Inspectionというのが出ていまして、私の車もこのリコールに当てはまるらしく、手紙をもらったので、夫にサービスの予約してもらい、早速行って参りました。サービル代金は、保証期間内なので無料。

ついでに、サービス後にいつも洗車を無料でしてもらえます。前の週に洗車したばかりなのに、すでに埃っぽくなっていたので、ちょうどよかったです。全然雨の降らないアリゾナは、洗車をしてもすぐに砂埃のようなものが積もってしまうのです(涙)。

昼には、修理・点検が終わり、帰りにメキシカン・レストランへ行って昼食。

午後からは、家でのんびり過ごそうと、夫がゲームをしている横で、私は日本で買った文庫本を読んでいました。とたんに、眠くなり・・・。

何度か夫に起こされ、一度はトイレに行き、歯を磨いた記憶はあるものの、全然はっきりとは目が覚めず、結局そのまま翌朝の9時まで爆睡。

合計で17時間も寝てしまいました(0_o)

日本への帰省後、翌朝から仕事だったし、先週は月次・年次決算で仕事が忙しかったからでしょうか??病気でもないのに自分でもなぜ、こんなに眠れたのか、眠たかったのかよくわからないのですが、とりあえず睡眠がたくさん取れて今日はさすがに頭もすっきりです。

まだまだ年次決算と監査法人への提出物があるので、今週も忙しくなりそう。とにかく、体調を崩さないようにがんばろう★

命日

4月3は母の命日

私は毎年、母の仏壇がある実家にお花を届けるようにしています。

今年はこちらのお花。仕入れたばかりの百合を使って、豪華に仕上げて頂けたようです。



アメリカに居ながら、決まった日時にお花を届けてもらうことが出来るサービス。私はいつもイーフローラを利用しています。このサイトで配送無料で届けてもらえる提携先のお花屋さんを選び、用途や予算によってお花屋さんが出している商品をクリックするだけ。メッセージカードも付けてもらえるし、日本在住の場合はコンビに決算もOKのようです。

母の誕生日にもこちらから注文。私は派手好きだった母の好みに合わせて、お供え用ではなく、敢えて豪華なかわいいお花をいつも選ぶようにしています。喜んでくれてるといいな。