Sunday, June 10, 2007

いいわけ

1年半、ずっと悩んでいたこと。
とうとう決心がついた。
7月のバケーションから帰ったら
やっと重い腰を上げ動き出そうと。

言い訳を見つけることは、誰にとっても簡単である

例えば、やることを先延ばしにしている人によくある理由:
働いているから
子供がいるから
子供がまだ小さいから
家事があるから
勉強が嫌いだから(あるいは勉強が苦手だから)
時間がないから
頭が悪いから
でも~だから

要は言い訳なんて、なんでもいいんだ。

結局は「やる気があるのか」そして「実行するのか」
本当のやる気というのは、実行に移すのかどうか。
「いつかやりたい」「いつになったらやる」などの言葉ではないのだ。

人生は有限。誰にでも等しく、1日24時間が与えられている。
そのなかで「時間は自分で作るもの」
正直、私は「時間がない」というのは、暇な人の言い訳に過ぎないと思っている。

「どんな状況にいてもやり遂げる人は、やる。しない人は、しない」ただそれだけ。

やる気のある風に見せかけた「言い訳ばっかりのデモダッテ人間」には、なりたくない。
そういう人に出会うと、(どうせしないなら、やる気があるような物言いをするな)と思ってしまう。別にやる気がないのなら、それでいい。でも、誰もやらない言い訳を聞きたいわけではない。

頭ではわかっているけれど、自分が実践するのはなかなか難しかったりする。

1年半前、こっちでの大学卒業当時は、なんだか勉強や状況に燃え尽きてしまって、やる気なしの無気力状態だった。それに追い討ちをかけるように、就職活動で自信と自尊心を失ったり。

そんなこんなで、今までウダウダ言い訳しながら逃げてきた1年半。
正直、こんなに早く気が変わるというか、またやってみようと思えるなんて予想していなかった。自分でも、その道というか試験を受けることさえ、もう諦めたと思っていた。

心境の変化の原因:

1.今の職場やアメリカ全体での離職・転職状況や、自分のキャリアを考えた時に、今のままの私では駄目だと感じている。職場環境や待遇は初仕事としては良いけれど、やっぱり現職や待遇が現状維持のままでは満足できない。でも、いつか転職を考えるなら、現職の経験の他に、もっと自分に付加価値を付けて、ちょっとでも自信を付けたくなってきた。

2.自分のライフプランを立ててみて、時間的にも私にとって、もうひと頑張りするなら、今がそのチャンスではないかと思う。そして、もしこのまま試験にも挑戦せずに人生を過ごしてしまうと、いつか振り返った時に「挑戦しなかったこと」を後悔するだろうと思った。

3.日本の『ビギナー』っていうテレビドラマを見て、いくつになってもどんな状況でも「頑張る人」って素敵だなと思った。登場人物は、実在の人物がモデルになっているというところが真実味があって、何度見ても余計に自分も何かに挑戦してみたいとやる気が出る。

4.ネットサーフィンをしていて、「(何かを)勉強している既婚女性たち」が励ましあっているのをみた。既婚女性だけに、子供や家族もいて、尚且つ正社員で働きながらも、資格や自身の向上のために勉強している女性達。家族や仕事で自分だけの時間が取れにくいため、毎朝4時や5時に起きて早朝勉強2時間。それを見て、「やっぱり、やる人はどんな状況でもやるんだなぁ」っと励みになると同時に、時間や状況をいいわけにすることが、単なる甘えに過ぎないように思えたこと。

この試験はいったん始めたら集中して勉強して、最長1年半で合格しないといけない。科目別合格ができるのだけど、それが1年半で期限が切れてしまうので、それまでに全科目合格しなければ、合格した科目が無効になってしまうからだ。だから、長期戦で頑張るいうのはできない。実際今は仕事もしてるし、この期限付きというのはメリハリになって、好都合かもしれないけど。

どうせやるなら、ちゃんとやり遂げたい。
一番大切で、尚且つとても難しいのは、『モチベーションの維持』。

実は、上記にあげた3のテレビドラマ「ビギナー」。かなり影響受けてる(笑)。やる気がダウンしたら、またこれを見てモチベーションをアップ。何かを勉強中の方、かなりお勧めのドラマです。

他にもモチベーションの維持でいい方法があれば、ぜひ教えてください。

Sunday, June 03, 2007

ライフ・プラン

就職して一年。やっと生活が落ち着いてきた今日この頃。
マイホームを購入したいなら、どういう生計であればいいかとか、ちょっと興味わいてきて少しネットで調べています。

とりあえず、ファイナンシャル・プランナー(FP)が最初に薦める自分のライフプランというのを、具体的にエクセルで作ってみました。

ローンでマイホームを購入する際、FPや経験者のアドバイスの共通点:

①家の価値は年収の最大4倍まで。出来れば3倍が望ましい。
(つまり年収500万なら3倍の1500万円の物件)
②ローン返金月額は手取りの3割まで。
(手取り月25万ならローンに当てる額は7.5万円)
③頭金は20%以上を用意すること。
**例に出してる数字はあくまで仮定ですので、あしからず☆

上記は「将来何かあっても、無理のない返済」を考慮した場合の、お勧めプランだそうです。ちなみに、銀行が融資する金額が必ずしも無理のない返済可能金額ではないということ。特に、不動産会社は「売る」ことを一番の目的とするので、見せてくれるシュミレーションなんかは、かなり無理のある返済計画だそうで、決して鵜呑みにしないように、という忠告を多く目にしました。

とりあえず、予算は①から③を目安に年表を作成。
自分の収入と支出、もちろん支出には子供の年齢や、子供にかかる費用などもいれて、予想できる範囲でかなり細かく入れていきます。

そうすると、何年にいくらくらいの物件で、頭金はどれくらい必要で、総貯蓄はいくらあるかがわかります。

私は自分の年収で作成してみました。

・・・・・・


かなり厳しい。

いや~、同じくらいの年収で数年前にすでにマイホームを購入、子供もいて専業主婦の人たち、
そのやりくり振りに今更だけど、めっちゃ尊敬~!

平均年収あたりでも、1馬力だとやっぱりしんどいなぁ。

もし、私が男で妻子がいて、妻は専業主婦なら、この重み、結構くると思う。

別に、うちの夫が専業主夫とかではないし、ごく普通の公務員だけど、私自身の目標が「一人で生計が立てられるようになる(する)」なので、そのつもりでやっています。要するに、夫の稼ぎは私の計画の加速材ということで。

なんでも自分でやってみたいのさ・・・(家事以外!笑)。
すごい変に聞こえるかもしれないけれど、厳しい家計でも
こうやってお金のやりくりについて考えるの、すごい楽しい~!(笑)

ダイエット

先週の月曜日はメモリアルデー(退役軍人の日)で、3連休でした。
その先週末から、夫が毎日ご飯を作ってくれています。
いつもは平日5日あるうち約3日は私が、残りの2日は夫がお弁当を作るというペースなのですが、
先週は毎日夫の手作り弁当を頂きました。
昨夜も大量にサラダを、今朝もパンケーキを作ってくれて、なんかかなり楽させてもらっています。

というのも、夫は日本に帰省する前に、増加の一方だった体重を何とか落とそうと、
ダイエットに(やっと!)目覚めたらしく、私がカロリーなどを考えず私の食べたいものを料理してしまう前に、
自分で納得のいくダイエット料理を食べたいらしい。
だから、率先して台所に立っているようです。
私もダイエットしないといけないし、料理するのは面倒やし、
便乗してダイエットメニューを頂いてしまおうというわけです。

仕事を始めてからは、自宅のパソコンから会社のパソコンへ車で移動。
つまり、朝から寝るまでパソコンの前で座っているだけっていう、
文字通り肥満一直線な生活で、筋肉が落ちて二の腕やら太ももなどが、いつの間にかぷよぷよに・・・。
それになにより、下腹に肉が付いて取れない!!
運動しないといけないのはわかっちゃいるけど・・・

写真は夫が昨日買った、ミニチュア・ヘリコプターのラジコン。
軽量にするために、発泡スチロールで出来てます。
私も試してみたけれど、なかなか操作が難しくて面白い。